植毛とは何か?仕組みと自毛植毛の安全性について

植毛とは何か?自毛植毛の安全性と仕組みについて

前回は、再生医療「ミノキシジル・メソセラピー」はAGAに効果があるのかについてご説明いたしました。

1.市販で購入できるミノキシジルや内服(タブレット)の効果と副作用
2.再生医療「ミノキシジル・メソセラピー」はAGAに効果がある?
3.植毛とは何か?仕組みと自毛植毛の安全性について(本記事)

AGA治療には「予防治療」と「毛髪再生治療」があり、今回は「毛髪再生治療」の中の「自毛植毛の安全性と仕組み」について詳しくご説明していきます。

なお、本記事では一般的な医学知識を紹介しております。ご自身の症状に関しては、必ず医師や専門家にご相談ください。

AGAの治療とは?

薄毛の原因「男性型脱毛症(AGA)」

AGAは頭頂部、生え際等でゆっくりと薄毛が進行する病気で、体内で生まれた悪性男性ホルモンの“DHT(ジヒドロテストステロン)”の 作用で、毛を生み出す器官“毛包”が徐々に小さくなっていきます。

小さい毛包から作られる毛は細く柔らかくなり、成長する期間も短くなるため、結果的に髪が通常よりはやく抜け落ちてしまうのです。

治療の方法は大きく分けて2種類あり、今回は毛髪を再生させる治療について詳しくお話します。

悪性男性ホルモンのDHTを減らして進行を止める“予防治療”と、小さくなった毛包を大きくし、再び強い髪が生えるようにする“毛髪再生医療”の2種類です。

実際に治療を行う場合、進行度や症状に合わせて両方の治療を継続的に行うのが一般的です。

毛髪再生治療の種類

毛髪再生治療は、年々治療法が増えてきている分野です。一般的に行われている毛髪再生治療法は、

  1. ミノキシジル成分をつかった治療
    1. ミノキシジル塗り薬
    2. ミノキシジル飲み薬
    3. ミノキシジル注射(メソセラピー)
  2. 再生医療技術を用いた注射
  3. 手術治療(自毛の植毛手術)

に分けられ、症状や希望に応じて行われます。

今回は「手術治療(自毛の植毛手術)」についてご説明していきます。

植毛手術治療

「自分の毛が抜けにくい部分ごと移植」自毛植毛手術

自身の薄毛が進行していない部位の髪を、皮ふごと薄毛の部位に移植する手術を行う治療です。

移植した部分に髪が生えるだけでなく、移植部位ではAGAが進行しにくくなると考えられています。

毛だけではなく皮ふごと移植する点がポイントです。AGAが進行する部位にはAGA進行に必要な成分が多く存在すると考えられており、逆にAGAが進行していない部分にはAGA進行に必要な成分が少ないと考えられているためです。

AGAはDHTという悪性男性ホルモンが毛髪に作用することで進行します。

DHTは善玉男性ホルモンの”テストステロン”と”5-αリダクターゼ”という酵素が反応して生み出されます。

また、DHTが髪に作用する際には”男性ホルモン受容体”という器官をもった細胞と結びつくことで、髪に作用するようになります。

頭頂部やおでこなどAGAが進行する部位では、この“5-αリダクターゼ”と“男性ホルモン受容体”が多く存在するという研究結果が発表されています(参考文献

後頭部の皮ふごと移植すると“5-αリダクターゼ”と“男性ホルモン受容体”が少ないという性質も移植先の部位に引き継がれることになるため、AGAが進行しにくくなると考えられています。

一部のクリニックでは毛根だけを1本1本取り出して移植するような実験的な術式も採用されています。

自毛植毛手術の持続性と安全性

自身の同じ頭の皮ふを移植するため安全性は高いと考えられています。

ところが、生着率(植えた毛がどれぐらいもつか)については、疑問が残ります。また移植を行わなかった部位ではAGAが進行します。

移植から年月が経つと、移植部位とオリジナル部位でAGA進行に差が出て“いびつなヘアスタイル”になってしまう可能性があります。

そのため、手術後も予防薬を併用するのが一般的です。薬をやめられるというわけではない点に注意が必要です。

「海外では禁止されている」他人の毛の植毛手術

他人の毛や人工毛を植毛する手術も存在します。古くから研究されてきた手術ですが、他人の毛も含め、人工毛の移植手術は現在、推奨されていません

理由は、副作用が発生しやすいためです。にもかかわらず、国内では規制がないため、実施しているサロンやクリニックがあるようですが、アレルギーが発生するため、生着せず、治療としては行うべきでないでしょう。

アメリカのFDA(アメリカ食品医薬品局)はアメリカでの他人の毛の植毛を禁止しているほどです。

各治療の比較

各治療を比較した表になります。

参考文献

2002年のアメリカの論文

J Am Acad Dermatol. 2007 Nov;57(5):767-74. Epub 2007 Aug 29. Multicenter Study; Randomized Controlled Trial; Research Support, Non-U.S. Gov’t

1999年 New England Journal

N Engl J Med. 1999 Sep 23;341(13):964-73. Review